土壌調査・汚染対策は環境省指定調査機関の株式会社セロリにおまかせください

土壌調査・土壌汚染対策の
厚木本社 046-222-0247  東京事務所 03-6416-8428
トップ

指定調査機関とは?


土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。

全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。

株式会社セロリからお知らせ

こんなお悩み解決します。

まずは地歴調査をおすすめします。
登記簿謄本/住宅地図/航空写真/古地図などの資料を用いて、土地の利用履歴から土壌汚染リスクを評価します。
土壌汚染調査は、専門用語が多く、また、目に見えない地下の調査ということもあり、作業の内容がわかりにくいといわれています。お客様のしなければならないことを、お客様の立場に立って、わかりやすくご説明致します。
土地の規模や現地の状況などにより、費用には大きな差があります。詳しくはこちらをご覧ください。株式会社セロリは、お話をお聞きし状況を把握した上で、責任を持って費用の算出を致します。

土壌汚染対策法について

セロリの現場レポート

セロリ製造部門トピックス

株式会社セロリ
神奈川県厚木市妻田西1-2-3 Kワンビル108
電話:046-222-0247/FAX:046-222-0447
e-mail:info@celery.co.jp
調査/対策機器等製品に関するお問い合わせは、メールもしくは厚木本社あてにお電話お願いいたします。

東京事務所
東京都渋谷区上原1-32-19 三善コーポ405
電話:03-6416-8428/FAX:03-6416-8429

土壌ガス調査の手順

土壌ガス調査(周りを汚さない作業)
掘削した土や掘削水が飛散しないように、気をつけながら作業します。
土壌ガス調査の手順(採取後の補修)
試料を採取した後はモルタルなどで簡易補修します。