PAGE
TOP

土壌調査・汚染対策は環境省指定調査機関の株式会社セロリにおまかせください

本社 046-222-0247  東京事務所 03-6416-8428

久しぶりの溶接と他山の石(CEO 遠藤記)

横浜の現場で、このほど開発した「セロリ矢板」の
実証試験をすることになっている。
試験に先立ち「○☓的な工具があると、なかなかに安全である」
というアイディアが出てきた。
それが金曜日の午後、必要とするのは、月曜日の朝。
せっかくの意見なので、なんとか対応したい・・・

日本工業規格:Japanese Industrial Standards、通称JIS規格。
このJIS規格に定める一般構造用圧延鋼材で、
引張強さ400~500N/mm2のものがSS400という材料。
そのSS400を使用した熱間圧延平鋼、通称フラットバー。
2種類のフラットバー、幅50mm×厚さ6mm、
幅75mm×厚さ4.5mm。



まず仮付して、直角と溶接位置の確認。
久しぶりの溶接で勘が戻らない、ブランクによる技術力低下が否めない。
溶接棒に対して電流が低いらしい、溶けこみにムラがある。


いわゆる突き合わせ溶接、アーク溶接の基本技術、
あまりのできの悪さに予定変更。
約10分、スクラップ材を拾い出し基本のおさらい、
溶接速度と電流値の調整、溶け込み状況の確認をした。

少しは勘が戻り、すみ肉溶接は、まあまあのビードが引けた。


グラインダで仕上げて完成。

今回の反省。
自分の技術の過信と、対局にあるブランク&加齢による
技術の衰えについて認識不足。

創業当時は、外注費節減のため、溶接や組み立ては、社内で自分でやっていた。
時は流れ、いつの間にか外注への依頼が増え、現場にいる時間も減った。
これを「他山の石」としなければならない、
そういえば、ボーリングマシンのレバーも握らなくなって久しい。

おまかせください 土壌調査/土壌対策
低コストで問題解決

土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。 
>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。 株式会社セロリ 
本社 :TEL.046-222-0247
東京事務所:TEL.03-6416-8428
株式会社セロリ
本社
〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西1-2-3 Kワンビル108
電話:046-222-0247
FAX:046-222-0447
メールでのお問い合わせ

東京事務所
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-32-19 三善コーポ405
電話:03-6416-8428
FAX:03-6416-8429