PAGE
TOP

土壌調査・汚染対策は環境省指定調査機関の株式会社セロリにおまかせください

厚木本社 046-222-0247  東京事務所 03-6416-8428

ボーリング調査の掘り止め

必要に応じたボーリング調査の中断はとても重要です。
>>詳しく見る

汚染土壌の処分

掘削除去した汚染土壌の処理方法の1つ「セメント資源化処理」。
>>詳しく見る

土壌調査施工後の処理

地面の状況により、施工後の復旧処理が異なります。
>>詳しく見る

土壌調査と復旧(裸地)

舗装されていない地面の状況を、土壌調査の業界では「裸地」といいます。
>>詳しく見る

コア抜き(アスファルト舗装の場合2)

アスファルト舗装された地点でのコア抜きには、ハンマドリルを使用することもあります。
>>詳しく見る

コア抜き(アスファルト舗装の場合1)

アスファルト舗装されている調査対象地での土壌調査は、コア抜き後に土壌試料を採取します。
>>詳しく見る

コア抜き(コンクリートの場合)

工場内はコンクリートの床なので、土壌調査ができない場合は、ダイヤモンドカッタなどで「コア抜き」をします。
>>詳しく見る

管理票(マニフェスト)

場外に搬出された汚染土壌が、認定された処理施設で確実に処分されたかどうかは、管理票で管理します。
>>詳しく見る

掘削除去工法 汚染拡散防止措置

掘削除去工事中は、汚染拡散防止に配慮して施工いたします。
>>その1
>>その2

山留工事

土壌汚染の深度が1.5mを超えると、崩壊のおそれを考慮して、安全に施工するため、「山留」と呼ばれる保孔工事が必要となります。
>>詳しく見る

掘削除去工法

土壌汚染の対策工事において、もっとも多く採用されている工法が、汚染土壌の掘削除去工法です。
>>詳しく見る
株式会社セロリ
本社
〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西1-2-3 Kワンビル108
電話:046-222-0247
FAX:046-222-0447
メールでのお問い合わせ

東京事務所
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-32-19 三善コーポ405
電話:03-6416-8428
FAX:03-6416-8429