PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

技術管理者

指定調査機関には、土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査の技術上の管理をする、技術管理者を設置しなければなりません。

技術管理者の制度は、平成22年の土壌汚染対策法改正によって指定調査機関の指定基準の厳格化の一環であり、3年以上の実務経験等と国家資格に合格した技術管理者がいなければ、指定調査機関の指定の要件を満たさず、土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査はできません。

技術管理者試験に関する情報は、環境省ホームページ(こちら)から見ることができます。環境省ホームページによると、平成27年度の技術管理者試験の受験申請者数1653名、合格者数181名、合格率13.7%と発表されていいます。

土壌汚染対策法において、第33条「土壌汚染状況調査等の技術上の管理をつかさどる者で環境省令で定める基準に適合するものを選任しなければならない」、第34条「土壌汚染状況調査等を行うときは、技術管理者に当該土壌汚染状況調査等に従事する他の者の監督をさせなければならない」と、技術管理者について定められていて、法に基づく調査の実施における調査技術の品質管理の重要性が規定されています。

土壌汚染対策法

(技術管理者の設置)
第三十三条:
指定調査機関は、土壌汚染状況調査等を行う土地における当該土壌汚染状況調査等の技術上の管理をつかさどる者で環境省令で定める基準に適合するもの(次条において「技術管理者」という。)を選任しなければならない。

(技術管理者の職務)
第三十四条:
指定調査機関は、土壌汚染状況調査等を行うときは、技術管理者に当該土壌汚染状況調査等に従事する他の者の監督をさせなければならない。ただし、技術管理者以外の者が当該土壌汚染状況調査等に従事しない場合は、この限りでない。

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関及び指定支援法人に関する省令(平成十四年十一月十五日環境省令第二十三号)


(技術管理者)
第四条:
法第三十三条 の環境省令で定める基準は、技術管理者証の交付を受けた者であることとする。

(技術管理者証)
第五条:
環境大臣は、次のいずれにも該当する者に対し、技術管理者証を交付するものとする。
一 第十一条に規定する技術管理者試験に合格した者
二 次のいずれかに該当する者
     土壌の汚染の状況の調査に関し三年以上の実務経験を有する者
     地質調査業又は建設コンサルタント業(地質又は土質に係るものに限る。)の技術上の管理をつかさどる者
     土壌の汚染の状況の調査に関しイ及びロに掲げる者と同等以上の知識及び技術を有すると認められる者


三 次のいずれにも該当しない者
     次項の規定により技術管理者証の返納を命ぜられ、その返納の日から一年を経過しない者
     法又は法に基づく処分に違反し、刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から二年を経過しない者
     法第四十二条 の規定により指定を取り消され、その取消しの日から二年を経過しない者



2 環境大臣は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、技術管理者証の交付を受けている者に対し、その返納を命ずることができる。
一 技術管理者証の交付を受けた者が法又は法に基づく命令の規定に違反したとき。
二 技術管理者証の交付を受けた者が偽りその他不正の手段により技術管理者証の交付を受けたとき。

3 技術管理者証の有効期間は、五年とする。
4 技術管理者証の様式は、様式第三のとおりとする。


(技術管理者証の交付)
第六条:
技術管理者証の交付を受けようとする者は、様式第四による申請書に次に掲げる書類を添付して、これを環境大臣に提出しなければならない。
一 戸籍の謄本若しくは抄本若しくは本籍の記載のある住民票の写し又はこれらに代わる書面
二 第十一条に規定する技術管理者試験の合格証書
三 前条第一項第二号の規定に適合することを説明した書類
2 技術管理者証の交付の申請は、申請者が試験に合格した日から一年以内にこれをしなければならない。

環境省HP


おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。