PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

販売部門新人研修~ボーリングバー編 (村上記)

入社してまだ浅いが、いろいろな機器の名前を見聞きする日々。
そんな中、製造販売しているツールスを実際に使ってみる。

まずは、ボーリングバー(標準型)

入社してから手にする事が一番多いのがこのボーリングバー。
とはいえ、お客様から注文をいただき出荷する際に手にしているだけであって、使用するのは初めてだ。

さっそく会社の庭でボーリングバーを立てる。太い方が持ち手となり、細い方が地面へと突き刺さり孔をあけていく。

地面に垂直に立てた状態で、持ち手を上下へスライドする。下へ下がった時に、持ち手の中で細い部分の頭が打たれているのだ。
早い話、持ち手の部分がハンマとなっている訳だ。     

表面の堅い土を突破するのに少し時間がかかったが(とは言っても1分もかからなかったと思う。)、
その後は面白いようにズンズン突き刺り、あっという間に標準型の掘削865mmに達した。

抜く際は、先ほどとは反対に、上へ上げた時に細い部分を打ち上げていく。
その衝撃で、せっかくあけた掘削孔が崩れてしまうのではないかと思ったが、大丈夫なようだ。

それよりも、抜けた瞬間に孔の周りにあった小石がコロコロと転がり落ち孔を塞いでしまった。

この後、ボーリングバーであけた掘削孔に採取孔保護管を差し込んでみたのだが、やはり転がり落ちた小石のせいで途中で止まってしまった。
使用の際は孔の周りの小石などをあらかじめ避けておくことが大切だ。

製品を見て説明を受けてはいたが、頭の中で理解しているのと、実際に使用していろいろ感じながら理解していく事ではだいぶ違う。
お客様からのお問い合わせに十分に対応できる様、今後も目から、手から、製品に対しての知識を深めていきたいと思う。

(つづく)

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。