PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

マイクロメータ(CEO 遠藤記)

部品の寸法を測定する道具、測定器がさまざまあるなかで、機械に携わる若い技術者には、マイクロメータを使って部品を測定する技能を身につけてもらいたいと思っている。

日本人は箸を使って当たり前に食事をする。子供の頃からの数千回の反復練習の結果として、いつの間にか箸を使って当たり前に食事ができるようになる。
測定器で部品の寸法を測定する技能もそれに似ていて、数をこなさなければ、正確に部品を測定するという単純な技能は習得できない。

これがマイクロメータという、直径や長さ寸法を測定する道具。
マイクロメータ

ここに小さな部品があって、設計上の直径寸法は、21.80mm~22mm。
つまり許容される寸法の幅は0.2mm、これを「マイナス0.2mmまでの許容差」という。
マイクロメータ

マイクロメータの右端の一段小さくなっている部分を右手で回転させると、可動軸が軸方向に移動する。
この可動軸で測定部分を挟み、ラッチがカチカチと音を立てて空転するところで、目盛りを読む。
マイクロメータ

横軸の上の目盛りは、21mmを超えたところで止まっている。
下の目盛りは0.5mm尺なので、これで21.5mmと読む。
縦の目盛りが副尺で、横軸に32のラインで交差していて、これを0.32mmと読む。
21.5mm+0.32mm=21.82mmというのが、この部品の直径寸法は21.82mmということ。
マイクロメータ

21.82mmは、設計寸法21.80mm~22mmの下限値に近いが、検査合格ということである。
マイクロメータが部品の中心に対して、手前や奥で挟んでしまえば、数値は小さく読み取るし、中心部分であっても、正確に水平に挟まないと測定値は大きくなる。

測定する場所を3~4回変えて、同じ数字がでれば、真円性も確認される。
デジタルのマイクロメータを使えば、測定値の読み取りミスがなくなるし、千分の1mmオーダの寸法を読み取れるが、今回はアナログの昔ながらのマイクロメータを解説した。
可動軸のネジピッチが0.5mm、縦軸が360度の円周に0.5mmを割り振っているマイクロメータの測定原理が理解できただろうか。
糟糠の妻ならぬ、糟糠のマイクロメータは、キーボードの脇にあって、株式会社セロリの品質を支えてきた。

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。