PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

販売部門新人研修~ダブルスコップ再チャレンジ編

入社してまだ浅いが、いろいろな機器の名前を見聞きする日々。
そんな中、製造販売しているツールスを実際に使ってみる。

今回は、ダブルスコップ第2弾。前回の反省点を踏まえての再チャレンジである。

まずは、コア抜きを想定したハンドオーガでの掘削からスタート。
ここのツールス選びが重要だ。

ダブルスコップの掘削径φ76より大きい掘削径のハンドオーガが必要となる。
しかし、初めから掘削径の大きいハンドオーガで掘削するのは、けっこうな力を要するのではないか?
そこで、まずは径の小さいハンドオーガで下孔をあけ、その掘削孔をガイドに拡孔作業を行う方法をとることにした。

というわけで、掘削径φ70とφ120の2種類のハンドオーガ刃先を用意。

ちなみに前回は標準型刃先のφ70を使用したのだが、今回掘削する研修場には砕石などもあるため、多石層用刃先のφ70を使うよいとのアドバイスを受け、そちらを用意した。
2度目ということもあって、スムーズに掘削作業は進み(途中砕石層を通過するのに手こずり、ベテラン現場従事者に手を借りたが)拡孔作業も終了。

いよいよ前回実践することができなかったダブルスコップでの掘削および土壌採取に入る。

掘削孔の中へ、刃先を開いた軽量型ダブルスコップを差し込む。支点あたりまで差し込めたので、始めの土壌採取深度は500mm位ということが確認できる。
そして土を掴みとり引上げるのだが、やはり実際やってみても軽量型の重さは苦にならず、繰返しの作業で掘り進むこともできた。

続いて標準型ダブルスコップ。ズシっとくる。

同じく刃先を開いた状態で、掘削孔へ差し込む。というより、その重さで落し込む感じだ。自然と刃先はより深くの土を捉えることができる。しかしその分、土を掴み引上げるとなると...重い。
標準型で繰返し掘り進む作業は厳しかった。

ともあれ、ダブルスコップでの土壌採取と掘削作業の再チャレンジは無事終了した。
柔らかい土であれば、ハンドオーガより早く掘削することができ、掘削孔に障害物などがあった場合も、掴みとりながら掘削することができるだろう。

「穴を掘る」「土を採る」という同じような作業を行う製品の中でも、それぞれの特性を活かし使い分けているんだと、実際に経験してみて感じることができた。

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。