PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

ドレーパー記念幼稚園 たるぽんのメンテナンス(中村記)

綾瀬市にあるドレーパー記念幼稚園に設置していただいている「たるぽん」。
付属の「かっぱポンプ」メンテナンス後の取付けに同行してきました。

「夏休み明け久しぶりに使ったら調子が悪かった。まだ暑くて水遊びの時期なので、できるだけ早く子どもたちが使えるようにしてほしい」
との園長先生からのご依頼でしたが、株式会社セロリ技術担当さんが、台風の合間を縫ってお引き取り修理した「かっぱポンプ」を「たるぽん」に取り付けると、さっそく、男の子がお母さんと一緒に遊んでくれました。

この男の子は、水を汲むということよりも水を浴びるということのほうが楽しいようで、お母さんが汲み出した水を浴び、はしゃいでいました。

泥だらけになりながらも何度も水を浴びる姿を見て、とてもほっこり。
「たるぽん」に限らずどんな道具や遊具などに対しても、小さい子は大人では思いつかないような遊び方をするので、その度に子どもの発想力は豊かだなぁ…と実感します。

現代では手押しポンプというものが少ないので、幼稚園で使えるということは貴重な体験になるのではないでしょか。
ちなみに、子どもがポンプに手を挟まないか心配と思う方もいらっしゃると思いますが、自社で設計製造販売しているかっぱポンプは、手を挟まないよう設計してあります。

ドレーパー記念幼稚園の「たるぽん」は今年で設置から約5年目。
天然の素材を大事にした製品は、やはり、長年使っているとあちこち消耗してきます。
これからも「たるぽん」が長く園児達に遊んでもらえるよう、そして想像力を育んでもらえるよう、セロリがその都度できる限りメンテナンスのご依頼に対応し、私も、その時また園にお邪魔させていただけたらと思います。

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。