PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

新型ダブルスコップ試用体験

掘削孔径が小さく、深さも必要。そんな時に活躍する当社ダブルスコップに新型登場!!

そんなデビュー間近な「新型ダブルスコップ」の標準型とオプションの「当板」を、販売部門でも試してみた。

まずは手にしてみて感じた事。重量は軽量化型とほぼ同じなのでさほど重くはない。
持ち手部分の柄は、新型の方が細くツルツルしており、普通の軍手だと滑りやすく、滑り止め付きのものを使用した方が良さそうだ。
そして通常型・軽量化型と明らかに違うのが、支点から刃先が90度近く開くという事。
コア抜きをした後の限られた孔内での掘削でなければ、刃先を拡げて土を突き崩したりもできる。


だがそれよりも今回の新型ダブルスコップで気になっているのは、「当板」というオプションを取付ける事で打込めるようになるということ。

過去に標準型と軽量化型の研修を行った時は、コア抜きを想定しハンドオーガであらかじめ掘削孔をあけ、ダブルスコップを落とし込み掘り進めていったのだが、今回はなにも手を加えていない状態から試してみる。

まずは、畑のように柔らかく湿り気のある黒々しい土の所。ダブルスコップを振り下ろし、ズボっと入り込んだ刃先を閉じ引上げる。しっかりと土を掴んでいる。引上げる重さもさほど苦でなく、続けての作業が可能だ。
続けてオプションの「当板」を持ち手の支点部分に取付け、掘削箇所へ刃先を開きスタンバイ。

「当板」を石頭ハンマで思い切りたたいて打込む。手で振り下ろすより明らかにダブルスコップがズンと沈み込み、一度で多くの土を崩し掴み採る事ができた。ただ、直径の小さい掘削孔だと持ち手があまり開かないため、支点部分に取付けた「当板」を叩けるハンマの大きさは限られるようだ。

続けて、サラサラとした砂と小石が散らばる乾燥した白く固い地面の所。
先ほどと同じくダブルスコップを振り下ろす。ゴツンと音をたて地面全体が揺れる。
しかし刃先はなかなか地面へ入り込まず、石頭ハンマで打込んでもやはり厳しい。
残念だが、このような所ではなにか別の掘削ツールスを使用した方がよさそうだ。

しかし、何度も振り下ろし、ハンマで叩きこんでも、軽量化型とほぼ変わらない肉薄の刃先はまったく曲がっておらず、頑丈だ。刃先は丈夫で良いが、重さがネックだった通常型。
軽くなり扱いやすくなったが、その分刃先が肉薄となり強い衝撃だと曲がってしまう可能性があった軽量化型。
そんな2タイプのいいとこ取りにさらに改善を加えた新型の登場で、丈夫さを取るか軽さを取るかと悩むことはなくなるだろう。

<ダブルスコップ3タイプの刃先>

通常型


軽量化型


標準型


>> セロリ製造部門トピックスへ

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。