PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

11/14(水)現場見学へ

セロリオリジナル掘削機ポータブルドリル「アルファ」を先日ご購入くださったアールテックコンサルタント(株)様から、ツールスの追加注文連絡をいただいた。たまたま当社から近い場所で仕事をされているということで、担当する技術の者が現場へ直接納品に伺うという。現場を見学させてもらえると聞き、私も納品に同行させてもらうことになった。

セロリ アルファ 掘削機現場は工場や物流施設が多く立ち並ぶエリアの道路。1日に何カ所も行っているという掘削作業数か所目の、ちょうど始めの工程から見れるタイミングで到着した。まずは歩道まで1mくらいの道路端の表層アルファルトをコアカッターで抜いていく。大型車が多く通る地域のためか、住宅街などのアスファルト厚が5~10cmくらいだというのに比べ、コアビットから出てきたアスファルトは20cmほどと厚かった。

ここで「アルファ」の登場だ。コア抜きされた穴へビットを取付けたφ60.5のケーシングが下ろされ、掘削作業が始まった。力強い打撃音が響き、少しづつ、確実に堀り進んでいく。しかし一気には掘り進めず、定期的に少し引上げる操作をしている。なぜかと思い技術の者に確認してみると、掘削場が硬い路盤だった場合、続けて打込んでしまうとビットが締まり引上げられなくなってしまう可能性があるのだという。そのため、作業は一定時間の打撃と引き上げを繰り返し行うことを推奨しており、そのとおりに作業を行っている証拠だという。ご購入いただいてからまだ日が浅いとは思えない確実な「アルファ」の扱いで、掘削はスムーズに進んでいった。しばらくして、引上げられたビット先端の土を見て路床に到達したとことを確認した様子。この地点の掘削作業は終了となった。差し込んだコンベックスは60cmを示していたので、20cmほどのコア抜きを差し引き、約40cmの掘削ということだ。そして別の業者の方が孔内を撮影するカメラを設置、脇に停車している車内のモニターを確認し作業を行っていた。最後の埋め戻しの際に、自社で開発したという水で硬化するアスファルトを使用しており、初めて目にしたので驚いた。

セロリ 土壌調査 掘削機 アルファ   セロリ 土壌調査 掘削機 アルファ   セロリ 土壌調査 掘削機 アルファ   セロリ 土壌調査 掘削機 アルファ

次の地点へ移動する前に、お客様から少しお話を伺うことができた。掘削を行う場所によって、路床にたどり着くまでの深さはバラバラだという。通常、市に確認すればアスファルト舗装の構成(厚さや使用材など)が分かるらしいのだが、まれに確認ができないところがあるのだという。今回がそのパターンだったらしい。実際、見学させてもらった地点での作業はとても順調だったが、1つ前の掘削地点での作業ははなかなか掘り進めることができず、どのような状態があとどのくらい続くのかも分からず、とても大変だったという。「ここじゃなくて、さっきの所を見てもらいたかったなぁ~。そうしたら文句のひとつでも言えたのに」と笑いながら話をしてくれた。このような現場の生の声から、また新たな製品のアイデアが生まれてくるのかもしれない。ご注文いただいたツールスをお渡しし、見学のお礼を伝え現場をあとにした。

私は製品の販売を担当させてもらっているのだが、実際の現場でお客様が製品を使用されているのを見るのは今日が初めてだった。車両からの積み下ろしに始まり、作業後の埋め戻しまでの一連の工程を間近で見られたことで、初めて疑問に思ったことや理解できたことがあり、とても勉強になる現場見学となった。今回快く見学を受け入れてくださったアールテックコンサルタント(株)様をはじめ、すでにご使用いただいているお客様、そして今後ポータブルドリルの導入をと検討されているお客様からの問いかけに、しっかりと対応できるようになりたいと思う。


>> セロリ製造部門トピックスへ

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。