PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

地盤技術フォーラム2019 基礎工技術展2日目

2019年9月12日(木)の東京は良いお天気、
週明け台風15号の影響で大混乱だった鉄道も順調に動いていました。

地盤技術フォーラム2019 基礎工技術展 東京ビッグサイト

国際展示場駅前に着くと、駅前に出てすぐのところに、地盤技術フォーラム2019が開催されている
東京ビッグサイト 南ホール行きの無料送迎バスが停まっていました。

地盤技術フォーラム2019 基礎工技術展
「5分ほどお待ちいただきます」とのことでしたが、南ホールへは行ったことがなかったので乗ってみました。
乗車時間も10分弱で南ホール入り口に到着。
後で歩いてきた方に話すと、徒歩では敷地内に入ってからずいぶん歩いたとのことでしたので、
体力温存と時短には、送迎バスがお勧めです。

地盤技術フォーラム2019 基礎工技術展 東京ビッグサイト

エレベータで受付と入場口のある2階へ進みます。
最初に設置されている受付は南3・4ホールで同時開催されているセンサエキスポジャパン2019、
第21回自動認識総合展などのもの。
その奥に地盤技術フォーラム2019の受付、基礎工技術展へは、受付よりさらに奥の南2ホール2F出入口が近いです。

地盤技術フォーラム2019 基礎工技術展 東京ビッグサイト

会場案内図をもらい、
地盤技術フォーラム2019 基礎工技術展 東京ビッグサイト

株式会社東設土木コンサルタント
株式会社ケーウェイズ
とセロリの共同出展ブースNo.G-51 へ。

地盤技術フォーラム2019 基礎工技術展

初日のトピックスで、隠れていたポータブルドリル「アルファ2」にも会えました。

模擬運転もしているIoT-SPT (自動標準貫入試験機)の方が注目度が高いように感じられましたが、
「アルファ2」の新しい資料もお渡ししております。

他ブースでも、工夫を凝らした展示、力のこもった説明が繰り広げられている
地盤フォーラム2019 基礎工技術展は、本日9/13日(金) 17:00まで。

ちなみに地盤フォーラム2019への入場受付をした方は、
同時開催の展示会に再登録なしで入場できるとのこと。

南1・2ホールで 測定計測展、第15回総合試験機器展
南3・4ホールで センサエキスポジャパン2019、第21回自動認識総合展
が、開催されています。最先端の技術に触れることができます。

また、降りた場所から国際展示場駅までの帰りの無料バスも出ています。

地盤技術フォーラム2019 基礎工技術展

以上、株式会社セロリ総務担当による地盤環境フォーラム2019 基礎工技術展レポートでした。

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。