PAGE
TOP

土壌調査・汚染対策は環境省指定調査機関の株式会社セロリにおまかせください

本社 046-222-0247  東京事務所 03-5937-1515

技術屋社長の独白
伊豆沼と内沼

「地球温暖化」、いつの頃からか、耳にするようになった言葉。英語ではGlobal warmingと表記する。
地球の歴史において、温暖化と寒冷化は何度も繰り返されていることから、「20世紀後半からの温暖化」ともいわれている。

その20世紀後半になって、極端に太陽がパワーアップして、地球への熱供給量が増加したわけではない。
産業革命以来、石炭と石油を燃焼させ、エナジを手に入れた人類だが、その結果として、温室効果ガスを放出し続け、まさに温室効果によって、地球の平均気温が上昇したと考えられている。
ここ数年の日本各地の夏の猛暑は、まさに温暖化をイメージする。
実際に地球の平均気温は上昇していて、科学的な統計を取りだした1900年ころから今日までの平均気温の上昇は0.74℃である。
わずかに0.74℃ではあるが、多くの自然現象に影響を与えているわけであり、わずか1℃に満たないという数値は、夏の猛暑への多くの人の印象は、かなり異なる想定外に低い数値ではないだろうか。

ところで、約6000年前、「完新世の気候最温暖期」と呼ばれる時期があった。
これは、0.74℃どころの上昇ではなく、それに数倍する、現在よりも平均気温が1~2℃高かったとされている。
この気温の上昇は、地球の軌道の変化による日射量の増加が原因と考えられているが、当然にして南極と北極の氷が解けて海水面が上昇し、海が陸を浸食する、いわゆる「縄文海進」と呼ばれる現象が生じた。

宮城県北部に注視すると、石巻の海岸線から約40kmの内陸、もしくはもっと奥まで海は進んだ。
そして東北地方の脊梁をなす、奥羽山脈から運ばれてきた堆積物が海を埋め立て、海岸線は徐々に東に移動していく。
そうこうしているうちに、地球に寒冷期訪れ極氷が増加し海水面が下る、いわゆる縄文海退である。
内陸部で堆積物の量が十分でないところには、湿地や沼が取り残された。

ラムサール条約で有名な、伊豆沼と内沼は、このようにして出来上がった、と、理解している。

           引用 国土地理院HP 地理院地図

伊豆沼は、289ヘクタールもある大きい沼だが、もっとも深い場所で水深1.6m、平均の水深0.7mと浅く、まさに、陸になりきれなかった、取り残された海なのだ。

干拓された周辺の田んぼには、埋め尽くす勢いで渡り鳥がいた。

おまかせください 土壌調査/土壌対策
低コストで問題解決

土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。 
>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。 株式会社セロリ 
本社 :TEL.046-222-0247
東京事務所:TEL.03-5937-1515