PAGE
TOP

土壌調査・汚染対策は環境省指定調査機関の株式会社セロリにおまかせください

本社 046-222-0247  東京事務所 03-5937-1515

土壌ガス調査(写真)その2

ドライ機の前は、汚染リスクが高い
要注意の調査地点である
ガソリンスタンドでの調査
油分による汚染も同時に調査する
資材置き場は、意外な汚染が判明することがある。使いかけの溶剤をこぼしたりするのだろう
採取した土壌ガス試料
採取箱内を減圧して捕集袋にガスを採取する
捕集袋は溶剤の吸着がない素材でできている
クロロエチレン対応形のGC-PID
捕集袋を吸口にセットする
現地PID分析の様子
1日に25検体程度の分析ができる
シリンジでガス試料をGC-PIDに注入する様子
標準ガスの入ったガラス容器
現地PID分析、冬場はなかなか辛い作業だ
GC-PIDのパソコン画面
GC-PID分析のチャート、ピークの場所で物質を特定し、高さが濃度を示す。
おまかせください 土壌調査/土壌対策
低コストで問題解決

土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。 
>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。 株式会社セロリ 
本社 :TEL.046-222-0247
東京事務所:TEL.03-5937-1515