PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。

土壌試料採取ツール ダブルスコップ

製品カタログ(PDF)はこちらからご覧ください。

深掘りもコア抜きも小さい掘削孔で作業効率UP!

こんな悩み、セロリのダブルスコップが解決します。

どうしてコア抜き径200mm?!
ダブルスコップが入らないから穴の口元が大きくなる。
だったらダブルスコップをスリムにすればいい。支点を上にすればいい。
コア抜き径100mmでも掘れます。

通常型

口元がφ150mm程度開いていれば 掘削深度1mまで可能な構造です。

軽量化型

通常タイプの特徴である機構はそのままですが約3kgの軽量化に成功、掘り上げや持ち運びが通常タイプより楽になりました。

主な仕様

タイプ 全長 重量 最小掘削径 価格
(送料込/税別)
通常型 1,400mm 約8kg ∅76mm 33,000円
軽量化型 1,400mm 約5kg ∅76mm 34,000円

*刃先が鋭利になっておりますので、足の上に落とさないようご注意ください。
*どちらの型も刃先に焼きは入っておりません。

ガラや採石のある場所では、当社オリジナル「ピック」でほぐしてからのご使用をオススメします。
特に軽量化型は刃先が肉薄ですので、固いところに突き刺すなどしての掘削では刃先が曲がってしまうことがあります。そのような場所では、ダブルスコップ軽量化型を、掘りさげる用途ではなく、トングのように対象物をつかみあげる用途でお使いください。

当社オリジナル「ピック」につきましては製品カタログをご覧ください。

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。