PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

フェーズ2 重金属等のボーリング調査

土壌ガス調査と土壌試料分析の結果で基準値を超えた区画では、ボーリング調査で深度方向への汚染の広がりを調べます。必要に応じて、地下水汚染や地下水の流れについても調査します。


鉛、フッ素、ホウ素などの重金属による汚染調査にはボーリング調査をおすすめします。

試料の採取方法

分析の結果、2深度連続して基準をクリアした上の深度までが対策深度になります。

ハンマードリルなどで調査地点に直径20mm、深さ800mm〜1000mmの調査孔を掘削
調査孔にステンレス製保護管を挿入し、30分以上静置ポータブルドリルによるボーリング
調査孔にステンレス製保護管を挿入し、30分以上静置
クローラドリルによるボーリング
地下水の調査

地下水位が浅く土壌ガス調査が困難な場合や、土壌溶出量が基準値を超えて検出したときは、地下水の調査をします。
目に見えない地下を流れる地下水の状況を把握するには、経験と技術力が要求されます。 株式会社セロリは地下水汚染調査、対策の実績も豊富です。

掘り止めについて

ボーリング時に地下水が出現した地層の下に、粘土層などの水を透しにくい地層がでてきたときは、汚染拡散防止のため掘り止めとします。
>ボーリング調査の掘り止めについて

ハンマードリルなどで調査地点に直径20mm、深さ800mm〜1000mmの調査孔を掘削
採取した土壌試料
ハンマードリルなどで調査地点に直径20mm、深さ800mm〜1000mmの調査孔を掘削
地下水の状況
調査孔にステンレス製保護管を挿入し、30分以上静置
地下水試料採取

調査結果の解析

土壌試料の化学的分析結果から、汚染の広がりを判定し、地質特性の考察を加えて汚染状況を解析します。
しっかりとした調査結果がなければ、最適な浄化プランを導くことはできません 目に見えない地下のことですから、マニュアルどおりにいかないことも多く、実績と経験による確実な作業が求められます。

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。