PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

フェーズ2 分析作業と調査結果の解析

採取した土壌や土壌ガス試料を分析し、土壌汚染の有無を判定します。また土壌汚染がどのように存在しているのか、どうすれば最適な浄化ができるかを検討します。
土壌汚染は、目に見えない地下の出来事。地面と会話し地下を想像し、経験を活かして理論的な状況判断をします。

分析作業

採取した土壌試料、土壌ガス試料、地下水試料を分析をします 現地での土壌ガス試料分析は、試料採取から1時間程度で完了します。重金属等・農薬等の溶出量/含有量分析は約2週間程度の日数が必要です ダイオキシン類の分析には3週間~1か月程度時間がかかりますので、それらの時間を加味した作業計画となります。

調査結果の解析

土壌試料の化学的分析結果から、汚染の広がりを判定し、地質特性の考察を加えて汚染状況を解析します。
しっかりとした調査結果がなければ、最適な浄化プランを導くことはできません 目に見えない地下のことですから、マニュアルどおりにいかないことも多く、実績と経験が誤差を修正してくれると確信しています。

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。