PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

土壌ガスってなに?

土の粒子と粒子の間には、地下水面より上の地層なら気体(土壌ガス)が存在し、下なら液体(地下水)が存在します。
土壌ガスの正体は土の粒子間にある気体のことです。

ボーリング調査で大切なこと

いろいろありますが、もっとも大切なことは化学的に現位置を再現することです。
汚染物質は土にも付着していますが隙間に液体や気体の状態で存在しています。
ボーリング調査での無理な押し込みは、粒子間の気体や液体を押し出してしまい、正しい、調査結果がえられません。 土壌環境のボーリングは奥が深いのです。

フェーズ2 状況調査 表層土壌調査

第2種/第3種特定有害物質(重金属類/農薬類・PCB)の調査では
表層(地表から5cm)の土壌と、5~50cmまでの深さの土壌を採取し、土壌汚染の存在と汚染の面積を確認します。

汚染のおそれの度合いにより表層土壌の採取方法を決めます

土壌汚染のおそれが少ない土地
30m×30mの格子内の5地点の試料を混合して分析します。 (複数点混合)
土壌汚染のおそれがある土地
10m格子(100㎡)に1地点の割合で調査をします。

 

調査地点から表層土壌を採取します

1)ハンマードリルなどで調査地点に直径20mm、深さ800mm〜1000mmの調査孔を掘削 2)調査孔にステンレス製保護管を挿入し、30分以上静置
コンクリートなどで舗装されている場所はダイヤモンドカッターでコア抜きをします。 土壌表面を基準として、表層(地表〜5cm)と深さ5〜50cmの上下2深度で土壌試料を採取します。
3)30分以上経ったらテフロン製採取管を保護管に挿入 4)土壌ガスを捕集バッグに採取
採取した土壌試料を風乾したのちに、上下2深度の土壌試料を当分混合して分析する。 複数点混合のときは、規定の地点の土壌試料を等量混合して分析します。


おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。