PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

ワイン残渣・ヤマブドウ果汁残渣を利用した
過硫酸法によるVOC汚染浄化実証試験

岩手大学、株式会社セロリ、株式会社大東環境科学による合同研究

はじめに

揮発性有機化合物(VOC)による汚染においては、工期の短い汚染サイトの浄化法として、分解速度が大きい促進酸化法がよく用いられている。促進酸化法としてはフェントン法が用いられる事例が多いが、近年では過硫酸法も注目されている。

フェントン法

H2O2 + Fe(II) → Fe(III) + HO- + HO・

・土壌との反応性が高く広範囲に移行しない
・ガスの発生→条件によっては井戸破壊

過硫酸法

S2O82- + Fe(II) → Fe(III) + SO42- + SO4-

・H2O2ほど土壌との反応性が高くない
・広範囲に移行

過硫酸法は有機酸が共存することで浄化促進されることがわかっている。

有機酸試薬:コスト大
ワイン残渣を使えないか?

室内実験では、ワイン残渣に含有する酒石酸を用いても、酒石酸試薬を用いた場合と同等のVOC促進効果があった。

研究目的
  • ・複数の汚染サイトで実証試験
  • ・浄化前後の地下水環境の評価

過硫酸を広域に拡散した後に、ワイン残渣注入により分解速度を増加させ、効率的に分解浄化できないか?

実証試験結果

サイトA
汚染現場:東京都内
汚染物質:トリクロロエチレン、cis-1,2-ジクロロエチレン
ワイン残渣:山梨県のワイン工場
サイトB
汚染現場:神奈川県内
汚染物質:テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、cis-1,2-ジクロロエチレン
ワイン残渣:岩手県のワイン工場から頂き、湿潤状態で利用
ヤマブドウ果汁残渣:岩手県のヤマブドウジュース工場から頂き、湿潤状態で利用
サイトC
汚染現場:神奈川県内
汚染物質:テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、cis-1,2-ジクロロエチレン
ヤマブドウ果汁残渣:岩手県のヤマブドウジュース工場、湿潤状態で利用
引用:第24回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集
サイトA
サイトB
サイトC
〈論文〉

VOCの現地浄化・原位置浄化のことならセロリにお任せください。
フッ素による現地浄化についてもご相談ください。
浄化プラントや調査・対策用機器の設計・製作もお請けいたします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。 株式会社セロリ 
本社 :TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。