PAGE
TOP

土壌調査・汚染対策は環境省指定調査機関の株式会社セロリにおまかせください

厚木本社 046-222-0247  東京事務所 03-6416-8428

有機りん化合物(第三種特定有害物質 農薬等)

炭素とりんの化合物の総称で、炭素と結合しない無機りん化合物は、土壌汚染対策法の対象ではありません。
また、有機りん化合物は、難燃剤、可塑剤、殺虫剤、農薬等、さまざまな用途に使用されています。
土壌汚染対策法では、パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン、EPNの4物質のみが対象となります。

有機りん化合物には、神経系・呼吸器系に対する毒性が高い化合物が多いことから、化学兵器の原料になるものも多く、製造・使用・取引には、各種の法規制があります。 地下鉄サリン事件に使用された毒ガス「サリン」、2008年に中国製冷凍食品から検出された「メタミドホス」と「メチルパラチオン」も有機りん化合物です。

主な有機りん化合物

物質名 化学式 分子量 主な用途
パラチオン C10H14NO5PS 291.26 殺虫剤、ダニ駆除薬、2005年に日本など18か国で使用禁止
メチルパラチオン C8H10NO5PS 263.212 農薬、殺虫剤、2008年中国製冷凍食品から検出
メチルジメトン C6H15O3PS2 230.30 毒物劇物法による特定毒物、農薬・殺虫剤として流通している
EPN C14H14NO4PS 323.31 有機りん系殺虫剤、WHO飲料水水質ガイドラインなし
メタミドホス C2H8NO2P 141.1 農薬、殺虫剤、2008年中国製冷凍食品から検出
サリン C4H10FO2P 140.09 神経ガス、殺傷能力が高く数分で発症、経皮摂取もある
VXガス C11H26NO2PS - 神経ガス、人類が作った化学物質で最も毒性が高い

表中赤字は土壌汚染対策法対象外物質

有機りん化合物の毒性

短期ばく露より、神経系への影響、痙攣、呼吸機能不全、意識喪失などのおそれがあります。長期または反復ばく露により、神経系への影響、催奇性などの可能性があります。

有機りん化合物の基準値など

有機りん化合物(organophosphorus compound)
原子番号15/原子量;30.97/元素記号:P
土壌溶出量基準 (mg/L) 検出されないこと6
第二溶出量基準 (mg/L) 1
土壌含有量基準 (mg/kg) 基準値はありません
マッチの頭薬にりんが使われているといわれますが、頭薬は塩素酸カリウムであり、擦り付ける側薬に赤りん使用されています。りんの毒性が問題になり、20世紀初頭には頭薬にりんは使われていません。
おまかせください 土壌調査/土壌対策
低コストで問題解決

土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。 
>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。 株式会社セロリ 
本社 :TEL.046-222-0247
東京事務所:TEL.03-6416-8428
株式会社セロリ
本社
〒243-0815 神奈川県厚木市妻田西1-2-3 Kワンビル108
電話:046-222-0247
FAX:046-222-0447
メールでのお問い合わせ

東京事務所
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-32-19 三善コーポ405
電話:03-6416-8428
FAX:03-6416-8429