PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

株式会社セロリへのお問い合わせ

土壌調査/汚染対策についての、ご質問やご相談。
調査/対策機器についてのお問い合わせなど、
なんでもお気軽にご連絡ください。当社スタッフが誠心誠意ご対応いたします。
なお、営業、宣伝目的のメールはご遠慮ください。

お電話でのお問い合わせはこちらまで

本社:046-222-0247
東京事務所:03-6416-8428

下記フォームに必要事項を入力して送信してください。※は必須です。

お名前
会社名・所属団体名 (個人の方は不要です)
電話番号(半角)
メールアドレス(半角)
お問い合わせ内容
 
土壌汚染対策法の対象のいかんに係わらず 土壌汚染リスクは確実に回避しなければなりません
「最初から最後まで」「お客様の立場に立って」「責任をもって」
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。
>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。 株式会社セロリ 
本社 :TEL.046-222-0247
東京事務所:TEL.03-5937-1515

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。