PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

ポータブルドリル アルファ2

表層土壌サンプリングから簡易な打ち込み井戸掘削まで!
電動ハンマによる強力な打撃・打ち上げ機構を標準装備!

ボーリングバー

土壌ガス調査のスタート まずはボーリングバーで調査孔を掘削します。
株式会社セロリはボーリングバーを安価で即納、当社製品が多くの現場で活躍しています。

土壌ガス採取ツール

「使いやすい」と評判 celeryブランドの土壌ガス採取機器。
株式会社セロリは保護管の詰まり防止、保護管のかんたん洗浄、捕集箱の低コスト化を実現しました。

ダブルスコップ

セロリはダブルスコップについて考えてみました。
ダブルスコップが入らないから 穴の口元が大きくなる。だったらダブルスコップをスリムにすればいい!支点を上にすればいい!
セロリオリジナルダブルスコップなら、コア抜き径100mmでも掘れます。

クローラードリル zekeR

セロリのオリジナルデザイン
軽量小型高性能クローラドリルです。
回転打撃の高い掘削性能はきっと満足いただけます。

特注品承ります。

セロリでは、現場で培った技術力で様々な製品を自社開発しています。
設計からのオリジナル製品開発も承ります。こんな製品があったらいいのに、と思ったら、一度ご相談ください。

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。