PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

セロリ製ハンドツール ピック

製品カタログ(PDF)はこちらからご覧ください。

ガラ砕石対策に!
簡単な道具ですが、とっても便利!


現場技術者の悩み
・ガラがじゃまして、どうにも土壌試料採取ができない。
・砕石が締まっていて、予定通りに掘削作業が進まない。

セロリのハンドツール「ピック」で解決!
柄の後端をハンマで打撃して、ピックを打ち込み回転させるほぐし効果をお試しください。

●先端は焼入れ鋼を溶接してあります。磨耗が進んだらグラインダで研磨してください。
●溶接部にクラックが入ったら補修時期です。
●刃先の幅を変えるなど特注品も承ります。お気軽にお問い合わせください!

主な仕様

全長 全幅 刃幅 重量 価格(送料別/税別)
1,060mm 300mm 50mm 4kg 34,000円
  • *仕様・価格は予告なく変更する場合があります
  • ■保護具を着用して安全に十分配慮した作業を心がけてください
  • ■特にハンマで後端を打撃するときは周辺への注意と不意な体勢の崩れにご注意ください
  • ■特にハンマで後端を打撃するときは把持している手を叩かないよう注意してください
  • ■製作には細心の品質管理をしておりますが、万一の溶接破損等もありえますので、製品の破損を念頭に置いた安全な作業を心がけてください
  • ■打撃工具の性質より溶接部などが疲労破壊することがありますので使用時は常に点検励行してください
製品カタログ(PDF)はこちらからご覧ください。

掘削には「ピック」と合わせて、ご好評の「ダブルスコップ」もご利用ください。

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。