PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

ボーリングバー 調査孔掘削ツール

製品カタログ(PDF)はこちらからご覧ください。

土壌ガス調査は、ボーリングバーで調査孔を掘削することから始まります。
株式会社セロリは2004年にボーリングバーの海外生産に成功しました。 ボーリングバーを安価で即納、当社製品が多くの現場で活躍しています。

標準タイプ

全長1,500mm 扱いやすい標準サイズです

ロングタイプ

全長2,145mm 掘削長が1.5mまでの時にご利用ください
斜面や土間コンクリートをはつった所など、掘り始める地盤が足場より低い位置にある場合にも便利です。

継足しタイプ

掘削長に合わせてロッドの継ぎ足しができます
※地層により、掘削できる深度には限度があります。

特注タイプ

全長・掘削深さ・掘削径など ご相談ください お問い合わせ>>

主な仕様

タイプ 全長 重量 掘削長 掘削径 ストローク 握り外径 価格
(送料込/税別)
標準タイプ 1,500mm 3.3kg 865mm ∅18mm 415mm ∅34mm 17,500円
ロングタイプ 2,145mm 3.9kg 1,510mm ∅16mm 415mm ∅34mm 23,000円
継足しタイプ 1,825mm
~
5.0kg
~
1,040mm
~
∅23mm 415mm ∅34mm 別途お見積り

※ただし、離島宛や航空便利用、また運送会社お客様指定等は追加料金をいただきます
標準タイプとロングタイプには運搬に便利なハードケースがついています。

オプション
 ①掘削径変更:過去最大は40mm
 ②飛び出し防止のネジ止め加工
 ③ショートストロークへの改造
 ④掘削長さの変更
 ⑤ロッド径の変更
 ⑥強化ロッド材への変更
 ⑦静音化対策

※仕様は予告なく変更する場合があります
※継足しタイプ・特注品タイプ価格や納期については、お気軽にお問い合わせください。

製品カタログ(PDF)はこちらからご覧ください。

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。