PAGE
TOP
PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

ハイスのエンドミル

フライス盤にチャックした直径10mmのハイスのエンドミル。
直径10mmのハイスのエンドミル

明治元年1968年にイギリスで原型が開発された高温度下で軟化しづらい工具鋼、
JIS G4403 高速度工具鋼(High speed tool steel) SKH2材の工具は、
ハイスピード鋼を略してハイスと呼ばれています。

尊王攘夷とやっていたころに、イギリスではハイスが開発され、機械加工をしていたとは……。
そして、150年経った現在でも、ハイスは改良されつつ、鋼材から切粉を出している。

2枚刃と4枚刃
ハイスのエンドミル、2枚刃と4枚刃が一般的。

ハイス工具の切削条件
周速15m/minが基本、よって10mmのエンドミルの場合の回転数
Rev=15,000mm / 10mm / 3.14 ≒ 500rpm

1刃あたりの送りを0.1mmとしたときの4枚刃エンドミルの送り速度
F=500rpm × 0.4mm = 200mm/min

試験研究用の部品を追加工しました。

おまかせください土壌調査/浄化工事。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247