PAGE
TOP
PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-2001
土壌調査・土壌浄化のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌浄化のことなら

形質変更時要届出区域における地下水調査

形質変更時要届出区域(土壌汚染対策法)に指定された土地において、
汚染土壌の掘削除去・健全土での埋め戻し工事が終わりました。
その後、措置完了届と、別途に提出した形質変更届が受領され、いよいよ戸建て住宅の新築工事が始まりました。

新築工事には、地下水に接触する基礎杭工事が含まれるので、施工中と施工後に地下水調査が必要です。
地下水汚染拡散という緊急事態に備え、地下水採取後は、すみやかに簡易分析を実施します。

採取したばかりの地下水試料、シルト分で濁っています。
採取したばかりの地下水試料

この地下水試料を容器に移し替えて、遠心分離機にセット、待つこと10分です。
遠心分離機

簡易分析に必要な程度に、地下水試料の透明度を確保します。
地下水試料

試薬が入った容器に地下水試料を吸引してよく振ります。
対象項目の六価クロム反応はありません。まずは一安心という結果でした。
調査結果

 

おまかせください土壌調査/浄化工事。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247