PAGE
TOP
PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-2001
土壌調査・土壌浄化のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌浄化のことなら

コア抜き

土壌汚染調査の現場で、調査地点の位置出しが終わると、コア抜きをします。
コンクリートの土間をダイヤモンドビットで掘削する作業です。
コア:core 芯を抜くから、コア抜きと呼ばれていると想像しますが、掘削工学の専門用語ということではないようで、
施工上の通称が「コア抜き」で、日本中どこでも通じるので、まあいいでしょう。

ダイヤモンドビットを装着したマシンをセットして、100v電源でビットを高速回転させます。
高速というのは、周速100m/minというところです。
周速というのは、ビット径100mmのとき、1回転で314mmビットのダイヤモンドが移動します。
一分間に100m移動させるのが適切な掘削速度とすると、
100m=100000mm 100000÷314=320回転すれば、適切な掘削速度ということです。
エンジンやモータなどの回転数からすると、さほどの高速感はありませんが、
地面を掘削する作業としては、高速の範囲といえます。

掘り終わって、ビットからコアが出てきました。
コア

コンクリートの被覆厚さを管理します。
スケールを調査孔に入れて深さを測ると、23cmでした。
深さの測定

中をのぞくと、きれいな孔壁です。
孔壁

コア抜きが終わると、いよいよ土壌試料採取です。

 

おまかせください土壌調査/浄化工事。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247