PAGE
TOP
PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-2001
土壌調査・土壌浄化のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌浄化のことなら

机上の測定器

モノを作るという行為と、モノを測るという行為は、ほぼすべての場面で、セットではないだろうか。
みそ汁を作って味見をするし、作物を作れば出来を測る。

モノを作って、作りっぱなしということは、ある意味無責任だし、品質を維持できない。
同じ味のラーメンを毎日作るということは、塩しょう油や、しょう油、出汁などの同量維持を意味するし、
その品質管理を怠ると、「あの店は味が落ちた」といわれるようになり衰退する。

モノを測るということ。
モノを作るのと同様に、技能が求められ、測り方が品質を左右する。
同じものを測って、同じ数値を得るようになるまで、測定器を使い込み技能を習得しなければ、
モノ作りの品質は維持できない。
金属を削って機械を作るのであれば、まずはノギス、次にマイクロメータでモノが測れなければダメ。

オフィスの机上には、PCのディスプレイ、キーボード、マウスの定位置があって、書類もあるけれど、
それらが定位置になる前から測定器の定位置もある。

上から、
・岐阜大学との共同研究で補助金もらったときに新調した200mmのノギス。
・15年くらい前に購入した、デジタルノギス。ブランド品ではないけど、激安だった。
・糟糠のマイクロメータ。手になじんでいます。
測定器

意味もなく、名刺の厚さを測ってみます。
マイクロメータでは0.26mmです。
10か所くらい、場所を変えて測ってみても、0.26mmでした。
さすが日本の紙、0.01mmの品質で安定しています。
名刺の厚さ

さて、ノーブランドのデジタルノギス。
そもそもノギスという測定器は、0.01mmオーダ求めてはならず、まあ、参考値という認識ですが、
ミツトヨなどのブランド品は違うかもしれません。それでもノギスという測定器は、指かけを指で押さなければならず、
力の入れ方で、紙が縮むので、0.01mmオーダを正確に測るには、かなりの技能が必要です。
10回くらい測定しましたが、0.26mm~0.28mmでばらつきました。
ノーブランドのデジタルノギス

シンワという国産ブランドのノギスです。
副尺に0.05mmの目盛があって、0.25mmとバッチリ読めます。
シンワのノギス

測定器でモノを測るという地味な作業。
旋盤で丸棒を削り、キリコがバリバリ出て形を成したり、火花を散らして溶接して構造物ができていく、
というようなモノづくりの達成感は、正直あまりない。
けれども、何時間もかけてモノを作っても、測ってみて寸法アウトしていれば、それまでのコストは無駄になります。
ところどころで測定しながら、間違いのないものを作る、高品質を保つ、測定器とはそういうものです。

 

おまかせください土壌調査/浄化工事。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247