PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
お問い合わせ

土壌汚染対策工事 掘削除去工法

掘削除去工法

壌汚染の対策工事において、もっとも多く採用されている工法が、汚染土壌の掘削除去工法です。対象地から、汚染物質が完全に除去されるので、確実で安全性が担保された工法といえます。
一方、環境負荷も大きく、経済負担もまた大きいことから、環境省は掘削除去を過度な汚染対策と評価しています。
掘削除去工法

染土壌をその場から掘削除去するという安心感は、土地を活用するうえで非常に重要です。
掘削除去した汚染土壌は、場外の認可を受けた処分場に運搬し、ほとんどがセメント材料として再利用される、セメント資源化処理という処理方法で安全に処分されます。
セメント資源化処理以外の処分方法としては、洗浄後埋立、不溶化後埋立などがあります。
洗浄後埋立、不溶化後埋立

染土壌は専用の汚染土壌運搬車両で、認可を受けた処分場に運搬します。
車両には「汚染土壌運搬車」と明示し、安全に運搬します。
汚染土壌運搬車

削除去後は、健全土で埋戻しします。
場外の工事現場等で発生する建設発生土は、900㎥に1検体、現地で浄化した土壌を埋め戻すときは、100㎥に1検体の割合で公定分析して、健全性を担保します。

土壌を埋め戻す土壌を埋め戻す

おまかせください土壌調査/浄化工事。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247