PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

コア抜き(コンクリートの場合)

場内はコンクリートの床なので、土壌調査ができないのではないか、というお問い合わせがありますが、そのようなときは、ダイヤモンドカッタなどで「コア抜き」をします。
「コア」とは、coreのことで、核とか芯を意味しますが、芯を抜くから「コア抜き」です。ボーリングなどの業界では、地質サンプルをコアといっています。

ダイヤモンドカッタをアンカボルトで固定して、刃先の冷却と掘り屑の回収のために送水します。
掘り屑を含んだ水が周囲に飛散して汚れないよう、株式会社セロリでは、シート養生の他に、環状の口元装置を使って、水を掃除機で回収します。


ダイヤモンドカッタでの掘削

イヤモンドカッタは筒状になっていて、コンクリートの床の厚さを掘削すると、このようにカッタの中に回収されます。ダイヤモンドカッタは鉄筋も切断しますので、汎用性が高く、確実にコア抜きができます。 ダイヤモンドカッタ

「コア抜き」後のコンクリートの床はこのようになります。
「コア抜き」後のコンクリートの床

コンクリートの厚さと、その下の砕石などを回収して、その深度を管理します。
深度を管理

調査後は、モルタルで復旧し、掃除をして施工後の写真を撮影します。
モルタルで復旧

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。