PAGE
TOP

土壌調査・汚染対策は環境省指定調査機関の株式会社セロリにおまかせください

本社 046-222-0247  東京事務所 03-5937-1515

技術屋社長の独白
コセンダングサ ひっつきのメカニズム植物

コセンダングサ(小栴檀草、学名: Bidens pilosa var. pilosa)、いわゆる「ひっつき虫」、帰化植物でありことは、前のアップで紹介したとおり。
原産は北アメリカ、世界各地の温帯から熱帯に広く分布している。
被子植物門 双子葉植物綱 キク目キク科センダングサ属コセンダングサ

とにかく、一年草だが、枯れてもいても、棘のある痩果が、衣服にくっついてうっとおしい。

左の痩果がバラバラになって衣服にくっついてきて、もっともうっとうしい。
真ん中の実の成熟期の花?は、子供のころに投げて遊んだが、これもくっつく。
右の花の時期は、衣服にくっつかないので、さほど、うっとうしい記憶はない。

今回は、くっついてうっとうしいメカニズムを探る。
まず、花の時期のマクロ写真。
くっつかないだけあって、くっつくメカニズムは発見できない。

次に成熟期のマクロ写真。
うっとうしい、くっつきメカニズムが生成されつつある。

さらにズームすると、これか!
矢じりや、釣り針同様の「返しが」、数多く生成されている。

最後に痩実の先端のマクロ写真。
衣服にささる針の先端は鋭利で、痩実の本体部分の太さが1mm程度なので、太さは1/4の0.25mm程度だろうか、シャープペンシルの芯よりはかなり細いように思う、それが3本。
なにより、針に縦に10本ほど、180°対象に2列の「返し」群が配備されているので、1本の痩実は、実に60本もの返しで防抜機能があるということだ。
しかもこの返し、針本体と比較してもかなり細い、直径0.05mm以下ではないだろうか。

このような針が衣服に刺さったら、まず抜け落ちることはないだろう。
コセンダンクサのくっつきメカニズム観察レポートである。

おまかせください 土壌調査/土壌対策
低コストで問題解決

土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。 
>>メールでのお問い合わせはこちら
お電話も大歓迎。 株式会社セロリ 
本社 :TEL.046-222-0247
東京事務所:TEL.03-5937-1515