PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

技術屋社長の独白

25.4mmの世界にようこそ その1 プロローグ

メートル法という長さの決まりがあって、国際的な標準でもあり…
>>詳しく見る

コセンダングサ ひっつきのメカニズム植物

コセンダングサ(小栴檀草、学名: Bidens pilosa var. pilosa)、いわゆる「ひっつき虫」…
>>詳しく見る

コセンダングサと帰化植物

コセンダングサ(小栴檀草、学名: Bidens pilosa var. pilosa)というよりも…
>>詳しく見る

セイタカアワダチソウと分類階級

10月になると、それこそ、どこにでも、といいたくなるくらい、黄色い花を見かける…
>>詳しく見る

伊豆沼と内沼

「地球温暖化」、いつの頃からか、耳にするようになった言葉…
>>詳しく見る

観測井戸・注入井戸を利用した透水試験

土壌あるいは地下水汚染を薬剤の注入で浄化を計画するとき…
>>詳しく見る

JISハンドブック

JIS日本工業規格: Japanese Industrial Standards…
>>詳しく見る

JISハンドブック ねじⅠ

今回のJISハンドブック購入にあたり、「機械要素」から、「ねじ」が独立…
>>詳しく見る

物理学の復習|1.速度

>>詳しく見る

物理学の復習|1.速度(続き)

>>詳しく見る

JISハンドブック ねじの基本の余談(ねじの力学)

JISに記載はないけれど、機械設計をするにあたって、知らなければならないことの一つに…
>>詳しく見る

糸魚川静岡構造線の新倉逆断層の露頭の巡検

掘本州を東西に分断する大構造線、糸魚川静岡構造線、通称は糸静、糸静線…
>>詳しく見る

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。