PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

「ばね」という機械要素について vol.4 スプリング・ラビリンス ばねの歴史に挑む

「ばね」という太古の昔から人類が付き合っている機械要素について勉強を始めた。

まずは、世界に誇る日本工業規格JIS B0103:2012 ばね用語(Springs-Vocabulary)のおさらい。

JIS B0103:2012 ばね用語(Springs-Vocabulary)では、「ばね」をこのように定義している。
たわみを与えたときにエネルギーを蓄積し、それを解除したとき、
内部に蓄積されたエネルギーを戻すように設計された機械要素。

すなわち、弾性を利用したパーツは基本的に「ばね」属といえ、「〇〇ばね」などと分類されることになる。

「ばね」についての勉強開始については、これまでの経緯をご参照いただくとして、
「ばね」の分類と用語についての知識不足は、もはや弁解できない領域にあるといえる。

こんなものまで「ばね」なのか、と、おどろいてばかりいても仕方がないので、
「ばね」歴史を振り返りかえることにした。
さっそくwebサイトで、「ばね 最古」などのキーワードで検索すると、
どうやら「弓」が人類の最初に手にした「ばね」ということになっていた。

「弓」という道具、おそらく人類は、原始時代に狩猟用具として開発ものとみて間違いあるまい。
その後、武器として「弓」を利用するようになったのは、狩猟用具としての「弓」の開発時期からは、
相当の時間を経ているはずであろう。

原始時代の狩猟用具
それにしても、「弓」という道具は、かなり次元が高い道具であるからして、「弓」に比べたら、
もっと原始的な「ばね」があるのではなかろうか、いやきっとあるに違いない。
勉強不足は露呈したが、機械設計に携わり30余年、「ばね」の歴史に挑みたくて、いろいろ考えてみた。

そして思いついたのは、棒状の鞭である。
棒をしならせて、鞭機能を持たせ、遠心力と弾性を利用した狩猟用具である。
きっと、これが最古の「ばね」ではなかろうか。
なんといっても、弾性を利用して変形し、力が抜けると元に戻れば「ばね」だというのだから、
こんな原始的な狩猟用具でも「ばね」ということになる。
そして、この「ばね」は現役であって、身近なところでは、ハエたたきが子孫である。

棒状の鞭 ハエたたき

おそらく人類最古の「ばね」は、この手の道具であるはずだ。
なぜならば、「弓」に比べたら、比較にならないほど原始的だから。
なんといっても、棒をそのまま使うので加工がほとんどない、漁猟であれば、葉っぱがついていてもよいだろう。

そして、時を経て「弓」と時期を同じくして、「投石機」が開発されたと考察する。
投石機 投石機

「罠」に、ばね機能を利用して狩猟用具としたのは、「弓」よりも後のようなイメージがある。
動物の生態を観察して、その通り道に設備をしなければならないから、
見つけたらダメージを与えるという狩猟用具よりも高等ではないかと思う。
罠 罠

まあ、なんにせよ、木や竹をしならせて「ばね」とする、「円弧ばね」が最古の「ばね」であるという点は同意である。
さて、「ばね」の歴史にまで、はまり込んでしまった……スプリング・ラビリンス、出口が見えない。

vol.5に続く

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。