PAGE
TOP
PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

セロリの現場レポート

過積載にご注意
2018.12.04

ダンプカーやトラックなどの貨物自動車に規定の積載重量を超えて…
過積載にご注意の詳細はこちら>>

タイヤ洗浄ヨシ!
2018.11.05

土壌汚染対策法における形質変更時要届出区域内に指定された…
タイヤ洗浄ヨシ!の詳細はこちら>>

セロリの取組みが、環境新聞に取り上げられました
2018.11.01

株式会社環境新聞社刊/環境新聞2438号(平成30年10月24日付)の…
セロリの取組みが、環境新聞に取り上げられましたの詳細はこちら>>

インターンシップ 10日目(野澤記)
2018.8.31

野澤です。今日は、事務所でCADを用いて、透水線図を作成しました。
インターンシップ 10日目(野澤記)の詳細はこちら>>

インターンシップ 9日目(野澤記)
2018.8.30

野澤です。今日は現場で地下水流行を評価するための水準測量、地下水位の測定を行いました。
インターンシップ 9日目(野澤記)の詳細はこちら>>

インターンシップ 8日目(野澤記)
2018.8.29

野澤です。インターンシップ8日目、午前中は昨日の引き続きでCADの講習、午後は水準測量の実習をしました。
インターンシップ 8日目(野澤記)の詳細はこちら>>

インターンシップ 7日目(野澤記)
2018.8.28

野澤です。インターンシップ7日目の今日はCADの使い方について教えていただきました。
インターンシップ 7日目(野澤記)の詳細はこちら>>

インターンシップ 6日目(野澤記)
2018.8.27

野澤です。インターンシップ6日目です。今日もトリクロロエチレンによる土壌汚染の現場で、薬剤注入井戸の掘削作業をしてきました。
インターンシップ 6日目(野澤記)の詳細はこちら>>

インターンシップ 4日目、5日目(野澤記)
2018.8.24

野澤です。今回は自分の研究で扱っているふっ素について、様々な項目で情報を整理しました。
インターンシップ 4日目、5日目(野澤記)の詳細はこちら>>

インターンシップ 3日目(野澤記)
2018.8.23

野澤です。今日もトリクロロエチレンによる土壌汚染の現場で、薬液注入井戸の掘削作業をしてきました。
インターンシップ 3日目(野澤記)の詳細はこちら>>

インターンシップ 2日目(野澤記)
2018.8.22

野澤です。今日はトリクロロエチレンによる汚染土壌を浄化するため、実際の現場で作業をしてきました。
インターンシップ 2日目(野澤記)の詳細はこちら>>

インターンシップ 1日目(野澤記)
2018.8.21

初めまして、野澤です。インターンシップで学んだことをこれから10日間投稿していきます。
インターンシップ 1日目(野澤記)の詳細はこちら>>

初めてのインターンシップ
2018.8.21

株式会社セロリでは、2018年8月下旬、会社設立以来初めて、大学院生のインターンシップ受け入れを行うことになりました。
初めてのインターンシップの詳細はこちら>>

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。