PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-2001
土壌調査・土壌浄化のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌浄化のことなら

不動産取引/事業所閉鎖/土壌汚染全般に関するQ&A

不動産取引をするのに土壌汚染調査をしなければいけないのですか

土壌汚染リスクを回避し、資産運用の観点からも土壌汚染調査の実施をお勧めします。

民間の不動産取引の場合、土壌汚染のおそれがあれば、そのリスクを残したまま取引をするのは好ましくありません。

不動産価値を評価する必要から土壌汚染調査をするケースが、土壌汚染調査件数の80%以上を占めていることからも、不動産取引に際して土壌汚染調査をすることが一般化されつつあることを示しています。

また、主体性をもって土壌汚染調査をすることによって、過分な経済負担を負うリスクも回避できます。

土壌汚染対策法や都道府県の条例が適応されたときは、行政の指導に従い適切な処置をしなければなりません。

おまかせください土壌調査/浄化工事。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247