PAGE
TOP
環境省指定調査機関 2005-3-1002
土壌調査・土壌汚染対策のことなら
全国どこでもスピード対応。お客様にとって最適なプランをご提案します。
土壌汚染対策法・自治体の条例対応も実績豊富です。
土壌調査・土壌汚染対策のことなら

掘削範囲の出来形の確認

汚染土壌を掘削して場外に搬出した状態、つまり汚染物質を除去した状態を担保する作業が出来形の確認です。

土壌汚染調査は、土壌汚染対策法でかなり細かく規定されていますが、対策については、調査ほどの細かな規定はなく、各自治体の運用もあって、明確な確認方法が定まっておりません。東京都は、届出書類の作成の手引きⅢ-16、17、18ページに要点が記載されています。
株式会社セロリは、法対象のいかんにかかわらず、出来形の確認方法を東京都の確認方法に準拠して実施しています。

東京都環境局環境改善部化学物質対策課
土壌汚染対策法及び環境確保条例に基づく届出書等の作成の手引き

東京都の出来形の確認方法の一例を紹介します
  • 出来形の全景写真を撮影します。出来形の全景写真を撮影します。
  • 4隅の高さを管理します。4隅の高さを管理します。
  • 中央部の高さを管理します。中央部の高さを管理します。

高さの管理写真には、それぞれ近接写真を撮影します。
この区画の汚染の深さは0.8m、水糸高さ0.2mなので、スタッフスケールは1.0m以上でなければなりません。土壌汚染対策工事は、掘削範囲の不足は厳禁、大きめに掘る余掘りが基本です、この区画では1.5cm余計に掘削しています。

東京都方式は、四隅の平面方向の確認方法も規定されていて、始点と終点の写真を撮影します。 この区画は、短辺方向の長さが2.0mなのですが、両サイドに10cmずつ余掘りし、2.2mで確認写真のテープスケールが読み取れます。

水銀による汚染現場

  • 平面方向に絞り込めず、10m×10mの範囲で汚染土壌を掘削除去しました。平面方向に絞り込めず、10m×10mの範囲で汚染土壌を掘削除去しました。
  • 敷地境界に細長く土壌汚染が存在しました。敷地境界に細長く土壌汚染が存在しました。
  • スタッフスケールの読みは2.413m、1.3cm余掘りしたということです。スタッフスケールの読みは2.413m、1.3cm余掘りしたということです。

せっかく絞り込んで汚染の範囲が狭まった区画ですが、土間コンクリートの施工が悪かったのでしょう、崩落して、汚染土壌を余計に搬出しました。

  • 土間コンクリートの下面を基準にした区画の管理状況。
  • 隣接する複数の区画で汚染土壌を掘削除去しました。油圧ショベルやダンプカーの移動経路を複雑に組み合わせます。

おまかせください土壌調査/土壌対策。低コストで問題解決
土壌調査でお悩みなら、まずはお気軽にご連絡ください。
株式会社セロリにおまかせください。「頼んでよかった」という仕事をします。

>>メールでのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちら
株式会社セロリ 本社:TEL.046-222-0247

指定調査機関とは?

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査は、的確に行われなければならず、その結果は、信頼できるものでなければなりません。そのため、環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が指定調査機関です。

平成15年の土壌汚染対策法施行当時は、指定基準が緩やかで、多い時には1500社以上の指定調査機関が指定を受けていましたが、経験と技術水準のバラつきが大きく、社会的に問題視され厳格化が求められました。

平成22年の土壌汚染対策法改正により指定基準が厳格化され、改正後の猶予期間を経て、平成25年には、指定調査機関は約500社にまで減少しましたが、平成28年8月現在で707社が環境大臣に指定を受けています。

また、指定調査機関に求められる的確な調査を実施するために、指定調査機関には、技術管理者(技術上の管理をつかさどる者)を置き、調査を指導監督させなければなりません。平成22年の改正法施行により、環境省が実施する技術管理者試験の合格が、技術管理者になるための要件となり、法に基づく調査は、適切な技術と知識をもって管理され実施されています。